観光スポット, 国内旅行, 文化

世界遺産 シンゲティ(Chinguetti)への旅

義理の家族がモーリタニアにやってきて、中世の交易都市として栄えたことで知られる、世界遺産に登録されているシンゲティへ行ってきた。四角い石造りのシンゲティ金曜モスクはお札にも印刷されているし、写真もいろいろなところで見るが、一年半近くのヌアクショット生活を経て、初めて訪れることになった。観光地であるのと同時に、モーリタニアが誇る歴史の一部を成す地である。

在日モーリタニア大使館のウェブサイトによれば、 『(シンゲティは)隊商の中継地・教育の中心地として発展。写本、砂漠の図書館、イスラム寺院の塔といった文化施設により、その影響力はモーリタニアの隅々に及ぶ。モーリタニアは古くは「シンゲッティの国」と呼ばれていた』ということだ。モーリタニアの国としてのルーツを持つ都市なのだ。

その一方で、「あんまり見るところない」とか「途中ずーっと同じ風景で退屈」とかいうシンゲティ体験談をいくつか聞いていたので、事前の期待度は特別高くなかった。だが、ヌアクショット生活のモーリタニアと、シンゲティ観光のモーリタニアでは、まったく国の印象が変わってしまった。途中で立ち寄ったテルジットなども含めて、こんなに素晴らしい観光資源があるではないか、モーリタニア!と思うようになった。もちろん他の国と比較の問題もあるかもしれないが、ここ数年観光客も増加しているのこと、ぜひもっと知られてほしいものである。

さて今回の旅は、いつもガイドをお願いするシディさん に予約関連と車一台の運転を依頼した上、日程はかなり緩く組んだ。歩きも最小限。一日目は、 なるべく移動時間を短くするため に、3週間前に子どもの修学旅行で来たオアシスの町テルジットに宿泊。遅めのお昼ご飯を宿で食べた後、車でオアシス入口まで行き、ヤシの木と水源でのんびり。宿に出夕食の後は静かに夜が更け、星空を仰ぎながら他の宿泊客とおしゃべりした後、テントで眠りについた。

二日目と三日目の夜は、シンゲティ宿泊だ。 シンゲティに行くには、テルジットからさきに広がる山岳地帯の山を越えながら、アタル(Atar)まで国道一号線の舗装道路をひたすら北上。さらにもう一山超えていかねばならない上、途中からは無舗装になる。岩の切り立った山道を運転する場面などがあり、結構スリリングだ。深い峡谷を脇に見ながらアドラ山岳を登っていく。

切り立つ岩山を抜けるように超えていく

アタルに到着すると、町の中心部のロータリーに駐車し、マルシェを散策。建築物も石造りが多く、ヌアクショットとは大分違う雰囲気だ。アタルで創業30年近くになるパン屋さんがあり、ここのパンが「Pain d’Atar」と呼ばれ、おいしくて有名ということで、いくつか買い、昼食用のお肉(メシュイ肉)とお茶用のミントを買って、さらにシンゲティへと歩を進める。

アタルはパンがおいしいらしい。

アタルを過ぎてしばらくすると、シンゲティへ向かう分かれ道がある。ここから先はほぼ無舗装だ。シンゲティまではもう一山超えていかなければならない。途中切通の山道があり、砂漠を通ってきてまた砂漠に出るはずなのに、山道を通ることがなんとなく不思議だ。それからしばらく平坦な道を通ると、両側に岩山の風景が続く。

すると左側にキリンの絵が描いてある看板が立っている。動物のキリンの絵だ。ここにも洞窟壁画が残っているのだ。しかもキリンが描かれているという。 テルジットでも、まだサハラ砂漠が緑豊かな大地だったころに描かれたであろうゾウの洞窟壁画を見た。その時のガイドと呼ばれる青年は壁画の場所を知っていて洞窟に入るドアのカギを持っているだけだったが、ここではいろいろと説明してくれた。時代的にはテルジットのものと同じころで、絵の具は動物の血と土を混ぜて、描き方は輪郭から点をつなげるようにして描かれているという。 保存のためにフラッシュをたかないでください、という注意書きもちゃんとある。 一応周囲に塀があり勝手に近づいたりはできないようになっているが、日光や風から完全に遮断されているわけではないので、これからより良い形で保護されていくことを願う。

その隣の休憩用の岩陰でお昼のメシュイを調理。食後のお茶を飲んで、いざシンゲティへ。30分ほどで金曜モスクを模した門が見えてくる。シンゲティの入り口だ。

シンゲティの門

まずはホテルへ。L’Edenというホテルの一部である、町から少し離れ砂丘のふもとにある施設に泊まった。周囲はぐるりと砂漠で、砂丘と空のコントラストが見事だ。ここには一戸建てのシャワー・トイレ付の部屋と、テントがそれぞれいくつかあり、太陽光発電で電気も通っている。お手洗いもちゃんと水洗だ。砂漠に来ておいて生ぬるい!と思われそうだが、今回は両親の快適さを優先。 バン・ダルガン国立公園では常に青空トイレで、好きな時に用が足せるわけではなかった。 何だかんだ言っても多少文明の手が入っているのはありがたいものだ。さて両親は一戸建ての部屋に、我々はテントに宿泊した。

日没は午後6時半あたり。この時間帯を狙って観光客が砂丘に上っていく。我々も日暮れを見に砂丘へ登る。もちろん車でだ。四輪駆動車でなければこうはいかない。砂丘の上は風が強いが、うす暗くなっていく空と砂丘はセピア色の写真を見ているようだ。日が沈むと急に寒くなり、宿へと降りて行った。食事は離れの部屋でとる。この日の食事で、生まれて初めてラクダ肉を食した。野菜と煮込んだシチューで、クスクスと一緒に食べる。羊肉よりも味があっておいしい。ヌアクショットでもお店でも売っているが何となく敬遠していた。これからは時々料理してみよう。

砂漠の夜は冷え込む。宿に頼んでテントの前で火を焚いてもらった。暖を取って、テントにもぐりこんだ。

朝は砂丘から登ってくる朝日を見ながらコーヒーを淹れた。シンゲティ旧市街には午前中行き、昼食をヤシ農園でとる予定だ。

シンゲティの旧市街は、8世紀に基礎が築かれ、13世紀には地中海とサブ・サハラ・アフリカをつなぐ、サハラ砂漠横断における隊商の中継、またメッカ巡礼への通過地点として栄えた。建物は石造りで、ラクダのふんと土地を混ぜてセメント代わりにし建設されたという。扉の枠組みにはナツメヤシの木材が使われている。扉そのものは当時入手可能だった大きなアカシアの木を一枚板として作られたそうだ。扉のサイズは小さく大人は腰を曲げないと通過できない。砂除け、外部からの侵入を防ぐこと、暑さ対策などが目的で、土地の材料で気候風土に合わせてできた家屋だ。また暑さや砂を避けるために多くの住居は階段を下りて入る、地下に造られた構造になっている。現在ではほとんどの住居は壁が崩れ、遺跡となっているが、中には手を入れて人が住んでいる家屋もある。確かに同時期のヨーロッパの建物などと比べると損傷が激しく、暑さ・乾燥・砂風などもあり、文字通り風化しつつある町なのである。

迷路のような石の壁をつたって抜けていくと、そこにあの何度も写真で見た金曜モスクの塔が立っていた。塔の先に丸いアンテナのようなものが5本立っている。ダチョウの卵の殻を使ってできているのだそうだ。

そしてもう一つのこの町の見どころは、図書館だ。我々が行った図書館Al Ahamed Mahmoudでは、最盛期だった頃に写経された経典や使われたアラビア学問の教科書が保存されている図書館がいつくか残っている。シンゲティはアラビア学問の西アフリカの中心としても栄え、聖地とされた場所でもあったのだ。何十年もこの図書館を紹介しているサイフ先生が、時には詩を歌いながら、古い書物を一つ一つ紹介してくれる。先生の、シンゲティ歴史にかける情熱が伝わってくる。そして図書館の外には、「知識は、滅びることなく継がれていく唯一の富である」というメッセージが看板にあった。先生はその大切な役割を負っている一人なのである。

最盛期には、約3万頭ものらくだを連れた巡礼者たちがこの地からメッカを目指したという。そしてこの地で識者たちが歴史やコーランについて議論を交わし、西アフリカ各地からその学識を学ぼうとする人々がはるばる集まってきたのだ。その豊かな歴史そのものを語り継いでゆくためにも、ぜひシンゲティ旧市街の保存が進められていくことを願う。

そして、図書館を出ると日本人の観光客グループに遭遇した!毎年20-30名の日本人旅行客が来るとは聞いていたが、本当だった。ぜひ日本に戻ってからモーリタニアの話を広めてほしいものである。

図書館を後にし、再度車に乗り込み、ヤシ農園でのお昼。木陰にゴザがしいてある、いつものモーリタニアン・スタイルだ。農園でとれたナツメヤシの実を食べながらお昼を待つ。食べた後も、そのまま横になってシエスタ。シディさんがお茶を淹れつつ、息子にモーリタニアのLe Sigというゲームを教えてくれる。砂の上で小枝や小石を使う昔ながらの遊びだ。のんびりして宿に戻ったころには4時を回っていた。本を読んだりしてまた日暮れ時に砂丘に登る。

翌日は、同じルートでヌアクショットへ戻る。テルジットに一泊し、次の日は朝からひたすら運転してヌアクショットの自宅に着いたのは昼過ぎだった。かなり駆け足だが、詰め込まずに日程を組んだので、あまり疲れも残らなかった。

シンゲティの他にも、ウアダン、ウアラタ、ティシットなどの古くに砂漠の要衝として栄えた町がいろいろとある。ぜひ近いうちにまた行ける機会を作りたい。

生活一般, 食事, Uncategorized, 文化

半日砂漠トリップ

ヌアクショットは首都といえど、中心部から車で20分も離れれば、住宅や建物もまばらになる。住み始めて8か月ほどになるが、まだあまり国内を旅していない。これには色々と理由があるが、ぜひ近場でも砂漠トリップを体験したい、ということで、現地ガイドを見つけ、市内から半日でできる砂漠トリップに行ってみた。

午前10時半、ガイドのラハマさん(だったかな)が白いブウブウを身に纏いお茶セットを抱えてやって来た。ついに砂漠でのミント・ティーが体験できるようだ。 こちらのお茶は、日本のほっと一息ティー・タイム、よりももっとモーリタニアの人々の生活に存在感がある。一説によれば、このお茶(テ・ア・ラ・マント Thé à la menthe: 緑茶とミントを煮出した甘いお茶)は、19世紀半ばにモロッコから伝わって来たもので、一部エリートの人々の間でのみ親しまれたが、独立後により一般的に飲まれるようになったとのことだ。(*1)当初は成人男性のみのものだったが、現在では女性や子どもにも行き渡るようになった。その淹れ方は、前述のような経緯もあってか、片手間で入れるのではなく、きちんとお茶入れの儀式に従事しなくてはならない。まだ遭遇したことはないが、車での長時間の移動の際にもお茶の時間になると、道路わきに車を止めてティー・タイムが行われるそうだ。

たらいでミントを売る青年

ミントは新鮮でなくてはならない。市内から国の西南部マリ国境に向かう国道3号線に入るところで、ミントを購入する。皆、国道に入る前にミントを買い求めるのだろう、交差点では青年たちがミントを大きなたらいに抱えて売っている。たいてい1回分のミントが一束になっており、10ウギア(35日本円くらい)/束で買える。これを1束窓越しに買って、一路郊外のワダナガ(Ouad Naga)へ。

売られてゆくラクダ

旅に備えて車の燃料補給にガソリンスタンドに立ち寄った。正面から、かなり年期の入った、ぼこぼこで塗装もはげたトラックがやってきた。その荷台にはラクダが一頭座り込んでいる。膝を折った状態で四肢を縛られていた。この先にあるラクダ市場から購入されてきたとのこと。この国ではラクダは貴重な財産となる。

市内から30キロほどのところで、警察のチェックポイントを通過。国内小旅行といえどパスポートを忘れてはならない。政府車両及び外交車両以外は全て身分確認される。ガイドさんも一緒なので、事情説明してくれて問題なく通過。こういったチェックポイントが国内に点在している。

そして、先ほどのラクダが荷台に積まれたと思われるラクダ市場を通過。ラクダ、らくだ、駱駝、、、売られる身であることを知ってか知らずかラクダたちはのんびりとたたずんでいる。

ラクダ市場のラクダたち

さて目的地のワダナガに到着。約1時間半のみちのりだった。ワダナガとは、「水」と「低地」という意味だそうだ(何語だったか不明)。確かに町の両側に丘陵があり土地は乾いているがところどころ沢の跡のような窪地がある。

腹が減っては何とやらで、まずはランチ!そしてランチはもちろんメシュイ。メシュイ・オーブンのある所でメシュイをオーダー。簡易食堂みたいなところで、表にはおじ様方がござに座ってお茶を飲んでおられ、我々は奥の部屋に通してもらう。部屋といってもメシュイ屋さんの住居で、四畳半くらいの一部屋のみのコンクリートでできたスペースだ。家具もほとんど無く、小さくてほこりをかぶったテレビと子供用の服が2-3枚無造作に置いてあるのみ。床にはカーペット。相当古くてほこりっぽいので裸足になるのを躊躇してしまうがやはり人様のおうちなので靴は脱いでお邪魔する。ハエもたくさんやってくる。外の気温も30度はあるだろうがこの部屋の中にいるには湿気がないのが救いだ。家族と思われる小さな子どもやヤギが我々の様子をのぞきに来る。ラハマさんがパンを買ってきてくれた。フランス起源のバゲットは、他のフランス語圏と同じく、モーリタニアの主食の一つ。メシュイを待つこと、40分以上。オーダーしてからお肉を買ってきて焼き始めるので、まあこのくらいの時間はかかる。それにしてもお腹が減ってきたので、パンをかじって待つ。そうするうちに大きな焼けた肉の塊がやってきた。メシュイ・タイム! 

ヤギ皮の水入れがメシュイ屋の表にあった。

日本のなべ料理のなべ奉行よろしく、メシュイにはメシュイを切り取って人々に分けるメシュイ奉行がいるのが通常だ。今回はもちろんラハマさんが奉行となって切り分けてくれる。切ってもらったお肉一切れと一口サイズにちぎったパンを手づかみで一緒に口に入れる。羊肉の脂身とパンの塩分が絡んでなかなかおいしい。。おいしいが、肉とパンだけかあ、、と思いながらゆっくり噛んでいると、周りは皆おいしそうにパクパクと食べてしまった。80年代にモーリタニアを旅した英国人作家ピーター・ハドソンによれば、もっと国内奥地では、1頭のヤギのメシュイで家族が2-3週間は食べ続けられるということなので、この簡素な食事もありがたい食事なのだ。。。と、考えているうちにフィンガーウォッシュのお水と粉石けんKlinがでてきた。(*2)この粉石けんはおそらく衣類用洗濯洗剤なのだが、価格的にこちらの方がお手頃だからなのか、フィンガーウォッシュはKlinでの洗浄が田舎では一般的だそうだ。

これで手を洗う

さて、お勘定を終えて、やっと砂漠へ。とはいっても幹線道路から外れて200メートルも進もうものなら目の前はオレンジ色の砂漠なので、5分ほど進んでお茶づくりによさそうなスポットを見つけて車を停めた。ラハマさんは木陰に陣取ってお茶セットをてきぱきと出し、手で一掴みほどの炭を砂地に直に置き火をつけた。その上に直に銀色のティーポットを置いてお茶を沸かし始めた。お茶の葉とミントを煮出したら、砂糖を入れたもう一つのティーポットに注ぎ込む。ここからが重要で、お茶用のグラスにはある程度の泡を作らなければならない。ポットをグラスに交互にお茶を移しながら泡をつくるのだが、なるべく高いところから注いで泡ができるようにする。泡も浮かんでは消える泡ではなく、しっかりグラスの中に残らなければならない。この泡の層がグラスの半分ほどできたら準備OK。お茶も程よい温度になり、 グラスも温まって、おいしいお茶を注いでできあがり。小さいころに、お茶が熱すぎるときには湯飲みどうしでお茶を交互に移してお茶を冷ますと良いのだ、と教わったことを思い出す。 そうすると湯飲みも温まってよりお茶が美味しく飲めるのだと。ラハマさんが、おいしいお茶を作るために大切なこと3つを教えてくれた。炭火を使うこと、じっくり時間をかけること、それから人々が集うこと、なのだそうだ。ティータイムはモーリタニアの人々の生活の中でとても重要な役割を果たしているのだ。

幹線道路から少し入ると、そこには砂漠が広がっている

先述の英国人作家ハドソン氏は、砂漠を1週間歩いて旅した際に、この一杯の甘苦いミント・ティーが、どれだけの水よりも喉を潤してくれた、と記述している。確かにその味はお茶キャンディーのようで、水分とともにカロリー補給もしてくれ、カフェインも手伝ってか、喉ばかりでなく、暑さと乾燥で(そのせいだけではないかもしれないが)私のぼんやりした頭もシャキーン!とする。この国の気候で暮らすには無くてはならないものであることが分かるような気がする。

お茶の後は砂漠を少し散歩して帰路に着いた。砂漠トリップというよりはお茶トリップという感じだったが、これからしばらく滞在することになるこの国をもっと旅してみたくなる経験となった。

帰途で動物園、と呼ばれる一般開放されている個人の庭を一巡りした。ダチョウやクジャク、リクガメやアヒルなどがたくさんいる。こんな砂漠の真ん中によく造ったものだ。しばし緑の中で熱さを忘れて楽しんだ。

*1  Facebook “Mauritanie et culture”より
https://web.facebook.com/MAURITANIEN/photos/a.265977093551501/673863076096232/?type=1&theater

*2  “Travels in Mauritania” (1990) by Peter Hudson
https://www.goodreads.com/book/show/6532983-travels-in-mauritania