生活一般, 食事, Uncategorized

自宅でメシュイ(Mechoui)

1月は北半球のモーリタニアも冬。アフリカ大陸といえど、朝の気温は10度台まで下がり、フリースの上着を着るくらいの体感気温になる。

今朝の気温は15度。日中は30度近くまで上がるので日本でいうと暖かい春先のような気候だ。家の庭ではレモンの花が咲いている。近くの八百屋さんでもオレンジやミカンがたくさん出され、イチゴも出るようになった。さてそんな中、先日は我が家に主人のオフィスの人たちを招いてパーティを開いた。こちらのパーティでごちそうといえば羊の丸焼き、メシュイ(Mechoui *1)。スタッフのデチエさんが陣頭指揮を執って、ご本人の出身地ダル・エル・バルカ(Dar El Barka*2) のメシュイが我が家の庭先で調理されることになった。

大きな麻袋に薪炭とお肉、両端が鋭く削られた長さ1メートルほどの串用枝木10本ほどを携えてメシュイ職人がやってきた。まずは調理場の支度から開始。この日は風が強く砂が吹きあがってきたので、周辺にたっぷり水を撒いて、1メートル四方に浅めの穴を掘った。

調理場の整備から調理開始まで。3-4時間かけてじっくり調理する

次は炭に火をつけて焼き場の準備をしながら、こぶし大の岩塩をすりつぶし、この塩をお肉にまんべんなく擦りこむ。あとはアカシアの串木をお肉に通して、準備万端。炭火が安定してきたら、串を火の周りにさしてモーリタニア式炉端焼きの始まり。完全にお肉に火が通るまで3-4時間かかる。この間職人さんは焼け具合を見ながらお肉を裏返してむらなく焼けるようにじっくりと調理に取り組んでいる。

お肉を串刺し中
炉端焼きの開始。
調理開始2時間後。。まだもう少しかかりそう

日も暮れて午後7時ごろになるとお祈りを済ませた人々がぼちぼち参集してきた。全員そろったのは午後8時も過ぎてから。1時間くらい遅れてくるのはよくあること。

調理開始4時間後。あとは食べるのを待つばかり

皆がサラダやクスクスを持ち寄って会食が始まった。クスクスは、パンやごはんの感覚に近く、通常メシュイにはクスクスが主食として食べられる。

この後音楽隊もやってきて、皆で楽しく食べて踊って夜が更けていった。大量に残ったお肉とクスクスは手伝ってくれたアミナタや守衛さんにももちろんおすそ分け。それでも大量にあったので、半分は冷凍、半分は1週間かけて私がお昼ごはんに食べることになったのであった。。。

*1 Mechoui: https://en.wikipedia.org/wiki/M%C3%A9choui

*2 Dar El Barka : http://trip-suggest.com/mauritania/brakna/dar-el-barka/

生活一般, Uncategorized

ヌアクショット民芸・工芸品村(クラフト・ビレッジ)

以前タンザニアやガーナに住んでいた時は、訪問客や休暇帰国前のお土産探しに工芸品村によく行ったものだった。ここヌアクショットにもモーリタニアみやげを製作・販売している民芸品村がある。

旧空港の脇にある大きな交差点、カルフール・マドリッドから少し南下したところにクラフト・ビレッジ(La foire artisanale )はある。外からはほとんど分からないが、大きな建物の裏に回ると、ハイマ(モーリタニア式テント)の中では女性が布を売っていたり、ラクダの背中に乗るためのカーペットなどが並んでいる。建物の中に入ると、ヤギ革・ラクダ革製品やそれら動物の毛織物、天然の石を使ったネックレスなどが展示してある。

我々はかねてからモーリタニア式のミント・ティーを楽しむために買おうと思っていた、お茶サーバーセットを購入した。銀の楕円形トレーに同じく銀のティー・ポット、これにガラスのショットグラス大のティーカップがお決まりのセットだ。きれいにペイントされたものがあったので、好みの柄を選んだ。

tea set

建物の外では、いくつかの小屋で職人さんたちがアクセサリーや小箱の装飾を黙々と作っている。その前の軒下で作品が並べられ販売されている。もちろん値札はついていないので先方の言い値を元に交渉して買い取り金額が決まる。

workers1職人さんのアトリエ小屋(「写真お断り」と言われたので遠目から)

shop1アトリエの外では展示販売

今回購入したのはこのブレスレット(バングル)のみ。細かいところも割ときちんとできていて、金銀入っているので他のアクセサリーとも合わせやすい。

arm bangle2

こういった黒檀彫刻も製作されている。作業も結構細かく、デザインも面白い。

curving 1

 

shop2

木の下でのんびりとした感じで営業中。

彼らは外国人観光客がもっぱらの商売相手なので、こうした装飾品は値段があってないようなもの。他方、こちらの日常砂漠生活に使われるラクダ革のクッションなどはおそらく外国人には倍以上(もしくは何倍も)の価格で売っているようである。

 

生活一般

魚市場 Marché aux poissons

モーリタニアでは大西洋の近海を漁場とする漁業が盛ん。モーリタニアでよく食べられているセネガル料理のチェブジェン(Thieboudienne)などには魚が欠かせない。レストランなどでも魚の姿焼きや魚介類の煮込みなどが主なメニューに並ぶ。

ところが、私が普段行くようなスーパーマーケットなどでは魚介類はほぼ見かけない。一度小さな地元民向けの生鮮食品市場で見かけた魚を買ったらものすごく高かった(またはものすごくぼられた)ことがあった。市内最大規模の市場と言われているマルシェ・キャピタル近辺で魚を運搬しているのを見かけたことがあるが、この辺りは特に道路交通無法状態で自分で運転して行くのが気が進まない。そこで、我が家で料理洗濯を手伝ってくれているアミナタに頼んで、ヌアクショット市民の台所ともいえる漁港に隣接する魚市場に海鮮食材を買い求めに行くことにした。

毎日朝9時、正午、夕方4時ごろが漁船が返ってくる時間帯と聞き、市場に着いたのは9時過ぎ。魚が揚がってきてはいるようだがまだ売るのはこれかららしい。一度金曜の夕方に家族と来た時のほうがにぎわっていた記憶がある。それでも市場の中へ歩を進めていくと真鯛、舌平目、などなどいろいろなお魚が並んでいる(お魚全然詳しくないので正確な名前は割愛。。あしからず)。

dourades 鯛  calamars こちらはイカ

Big fish

 

 

 

 

↑こんな大きい魚が揚がっていることもある(写真は前回撮影)

floor

もちろん値札が付いてるわけではないので売り手の言い値を元に交渉を開始。アミナタが結構頑張って交渉してくれるも、私が一緒にいると財布のありかを見透かされてなかなか下げてくれないようだ。それでも日本やヨーロッパの値段に比べたらずいぶん安い。真鯛を3匹100ウギア(約300円)で購入した。

 

これにイワシ5匹、チェブジェン用のお魚2匹を買った後、捌き人にお願いして鱗を取って内臓を出してもらう。一匹の捌き賃がだいたい10ウギア。切り取られた部分は無造作に床に捨て落とされる。足場が濡れていると思ってビーチサンダルで来たが、次回からゴム長靴でも履いて来たい。

 

karasumiそしてうわさに聞いていたカラスミも発見。特にカラスミが好きではないので買わなかったが、日本に帰るときにお土産として買いに来よう。

さらに市場を奥へ進むと漁船が到着する浜辺に出る。見る限りほぼすべての船が木造漁船。荷を下ろした後は、船を沖で停泊させるために20人がかりくらいで波に抗して押し戻している光景が見られる。もう少し効率よくできそうな気もしないではないが、これもモーリタニアならではのやり方なのだろう。。

boat push

↑力を合わせて漁船を沖へ押し戻す光景

後はイカとエビを1キロずつ購入し、帰路に着いた。実はこの日マグロも揚がってきていたが、我が家で消費するには大きいような気がしたので買わなかった。後で話を聞くとマグロがこの市場に姿を見せるのは毎日ではないとのこと。。。次回見たら他の魚を置いても必ず買うべし。

che guevara ←チェ・ゲバラも見守っている

翌日、アミナタがチェブジェンを料理してくれた。

通常は全部一皿に盛られているがこんな風に別々に調理してくれた。左はトマトソースで煮たお米。真ん中はお魚と野菜を干し魚、干しカタツムリ、白ハイビスカスの蕾、タマリンドペーストなどなど多様な食材で煮込んである。そして右は買った魚から作ったすり身団子。ピリッとした味付けで白ご飯とも合いそうな味。時間をかけて丁寧に料理してくれた。どれも私がこれまで食べたチェブジェンをはるかに上回る美味しさだった。感謝していただいた。

作り方を見るのをすっかり忘れていたことに食べてから気が付いたのだった。。。