生活一般, Uncategorized

モーリタニアでテニスをする

高校の時に始めたテニスが、趣味として定着してからここ10年ほどになる。それなりにプレーできるが、トーナメントに出て勝ったりというのはまた別の話しだ。上達するのにも時間がかかることがやっと分かってきた。

モーリタニアに到着してすぐに事前に調べていたスポーツクラブのテニスコートに行ってみた。コートのあちこちにひびが入っていて、砂ぼこりでコートも薄ぼけて見えて、とても使えるようには見えなかった。また、他にあるテニスコートはすべて各国大使館の敷地内で、館員でないと使用できないと聞いていたので、継続的にテニスをすることはもはや難しいと思った。

2018年当時の某スポーツクラブのコート

以前住んでいたバンコクでは、いたるところにテニスコートがあって、メンバー制のクラブもあればコート使用料のみで済むところ、さらにコンドミニアムの付帯設備として入居者向けにテニスコートがついてあるところもあり、テニスするには事欠かない状況だった。

しばらくして、ヌアクショットのフランス大使館のコートはテニスクラブのメンバーになれば大使館員以外でも利用できると聞いて、すぐさまメンバーになった。一人モーリタニア人のコーチ、アブ氏がいてメンバー専属だ。

去年テニスコートのリニューアル工事が行われたが、ひびが入って盛り上がった部分を削って表面を平らにしてセメントを埋め込み、その上にペンキを塗りなおすという応急措置だった。一年経過してコロナ禍であまり使用されなかったはずにも関わらず、すでに表面はぼこぼこになりつつある。

冒頭のスポーツクラブも同様のリニューアル工事があったらしく、最近知り合いができて、テニスをしに行くようになったが、バンドエイド的に穴埋めされた部分が見える。まあ以前よりは多少、明後日の方角に行くバウンドが少なくなったような気がする。

テニス用具が買えるようなスポーツショップはないので、国に帰ったときに大量にボールなどを買ってくる人もいる。私はコーチからちょっと割高で買うと彼の収入の一部なので、彼から買うようにしている。来た当初は継続をあきらめていたテニスが、こうして定期的にできるようになったのだから、これはこれでうれしいことだ。あとは上達目指して砂や暑さに負けず続けていくしかなさそうだ。

上の写真と同じコートの現状
生活一般, Uncategorized

季節の変わり目、砂嵐

季節の変わり目には天候が一荒れするもの。日本でも春の訪れは春雷や春一番などが教えてくれる。

ここモーリタニアでも季節の変わり目には砂嵐がやってくる。サハラ砂漠の砂を巻き上げて吹いてくるこの風をハルマッタン(Harmattan)と呼び、ハルマッタンがやってくると砂塵で空がかすみ、細かい砂塵が家の中に窓を閉めていても入ってくる。基本的には乾季に起こる風らしいが、ヌアクショットにいる限りは、冬(涼しめ)の間はわりとすっきりしており、ここ一か月ほどになってハルマッタンが砂を巻き上げてきている。(写真)

自宅前からみた冬場の空と
サウジ・モスク塔
ハルマッタンの日はサウジ・モスク塔もかなりかすんでいる

こちらに長く住む人によれば、8月を過ぎると一ハルマッタン毎に涼しくなるのだという。この季節(3月)のハルマッタンは確かに一度吹く度に日中の熱さが増してきているようだ。

少々調べたところ、日本の俳句でも砂嵐は春の季語のようだ。そういえば、子どものころ、春先になると、空が黄色っぽくかすむことがあり、あれは中国大陸砂漠の砂が巻き上がってやってくる黄沙現象なのだと教えられた記憶がある。そんなに遠くから風に乗ってくるものなのかと、見知らぬ遠い砂漠を想像したものだ。

とはいえ、昨今は都市環境の悪化で空気汚染値がメディアでも発表されるようになった。空気汚染は産業排気などの化学物質だけではなく、このような自然の砂塵もカウントされる。 実際、昨年隣国のセネガルではハルマッタンによる大気汚染警告が在セネガル日本大使館から出されている。 ここヌアクショットでもハルマッタンのひどい日に日中買い物に外出しただけでも喉の痛みなどが感じられる。こちらの女性のように、体も頭も鼻や口まで覆っていないとこの砂塵は避けようがない。こういったときに、こちらの人々の服装は実に理にかなっていることが分かる。まこの話は後日するとして。

そんなわけで最近は外出時に必ず頭部にかぶれるような布を一枚持ち歩くようにしている。